クレジットカードの解約方法と注意点

最近はクレジットカードを発行している会社がかなり顧客サービスに力を入れていますので、クレジットカードをうまく活用すればお得な生活を送ることができるようになりました。
新しいサービスを兼ね備えたカードが登場すると、そちらに目移りすることもよくあるでしょう。

もちろん年会費が発生しないようなカードの場合はそのまま保持しておいて、新たなカードを作るという方法もありますが、たくさんのクレジットカードを持っている場合は、それだけでカード発行のための審査に不利になりかねませんので、多すぎる場合は解約して処分しておいたほうが無難です。

クレジットカードの解約方法は簡単です。


一般的にはカードの裏面などに掲載されているカード会社の電話番号へ連絡し、解約したい旨を伝えるだけです。
その際に解約する理由などを尋ねられますが、これに関しては特段意味があるわけではなく、単純に会社側によるアンケートのようなものですので、適当に思いついた理由を述べれば問題ありません。解約の連絡をすればカードの処分を支持されますので、個人情報が紛失しないように細分化して処分しましょう。



未払いのお金がある場合は、当然ですが解約後も支払いは続きます。



なお最近は多くのクレジットカードがポイントプログラムを導入していますが、解約するとこれらのポイントがすべて無効になります。



解約前に使用する、あるいはほかのポイントに移行するなどして無駄が出ないようにしておきましょう。