クレジットカードの家族カードについて

クレジットカードは、裏にサインをしていないカードは利用できないことはもちろんですが、サインをした本人しか利用できないようになっています。

そのため、クレジットカードの貸し借りは家族内でもできません。
しかし、収入のない家族でもクレジットカードを持たせたいと思う場合もあるのではないでしょうか。


その時に利用する方法が、家族カードを作ることです。



本会員の方がクレジットカードを所持している場合、同じ発行元の家族カードを一定の条件の下、作ることができます。

その条件とは、同一の生計を共にしている配偶者、お子さん、ご両親などであり、さらに未成年者の方は18歳以上の条件がありますが、持たせたい本人に安定した収入がなくてもクレジットカードを作ることができます。



ただし、発行できる枚数には制限があり、有料の場合もあります。

また、家族カードの場合は、請求先が本会員になるため、家族カードの所持者が、いつ、どこで、いくら利用したかを本会員の方が全て把握することができます。

そのため、お子さんに持たせた場合などは、行動エリアをさりげなく探ることができる利点があります。

さらに、本会員の所持するカードグレードは、家族カードにも反映されることが大半ですから、本会員がコールドカードなど高いステイタスカードを保持していた場合には、家族カードの所持者も海外旅行先などで怪我をした場合や空港のラウンジの利用など手厚いサポートを一緒に受けることができる特徴があります。