自営業の方がクレジットカードを申し込むポイント

会社勤めで定期的な収入のある方に比べ、個人事業主の方や自営業を営んでいる方は、クレジットカードの審査が厳しくなります。


主な理由は収入面。
企業が収入を保証してくれる会社員より、収入面が不安定な自営業の方は審査が厳しくなります。



自営業の定義はいろいろありますが、基本的に法人登録をせず自分で経営している場合自営業とみなされます。

医者や弁護士などは自由業と定義されていますが、この境界線は曖昧です。

自営業と申告してクレジットカードの審査に落ちる大きな要因は、収入証明ができない方が多いこと。本来自由業に分類される、ネット上で株の取引や、ネットオークションで生計をたてている方も、自営業として申告しているため、収入証明ができずに審査に落ちてしまう方が多く、ますます自営業の方の審査基準が厳しくなるのです。

しかし、逆にいうと収入の証明ができれば、カードの審査が通りやすくなります。



本来、自営業の方は開業届を出して個人事業主の登録をしなければなりません。


個人事業主の届け出をすると確定申告をしなければならないので、避けている方も多いようですが、クレジットカードを作るときには、信用面での信頼性がアップし、確定申告をすることで自営業では難しい収入証明も可能になります。

クレジットカードを作るときは、個人事業主になって確定申告をしっかりしておきましょう。

しかし、個人事業主になったからといってすぐにカードの申込みができるわけではありません。


開業してから確定申告までの期間は、収入証明ができませんので収入をしっかり得て、信用度の高い収入証明を取得できるまで頑張りましょう。