クレジットカードを利用した不正カードは防止できるか

クレジットカードの普及にともない不正利用も年々増加しており問題となっています。
クレジットカード会社も防止のためにいろいろの対策を考えています。

その一つが、カード不正検知システムです。

大手のカード会社は、信用管理センターといった場所で導入しています。

クレジットカードの不正使用をパターン化して、オーソリ情報などを分析して、不正使用が発生していないか、第三者の利用ではないかを24時間、365日専門の担当者による不正の監視(モニタリング)が行われています。

一般にカード不正検知システムは、会員監視と加盟監視の二つシステムを組み合わせることによって、常時会員と加盟店の売り上げ情報を端末の画面上で照合できるようになっています。

買い回り等の不審情報が発生した場合は、本人に電話で連絡するとともに、クレジットカードの利用を一時停止します。



最近は、スキミングなどのカードは本人が持っているケースも多く本人が気づいていないこともあります。

不正利用の防止は、素早い対応にあります。

危険だと判断してカードの利用を停止したことによってカードが回収された例もあります。

不正利用のあったクレジットカードは、すみやかに回収して被害の発生を抑えることが大切です。

カード利用が異常だと判断するポイントは、その傾向をスコアリングしたりルール化することによって蓄積されます。その傾向に合わない売上や利用を抽出して不正利用だと判断します。
社会が高度化して複雑になっており、カード利用者の状況把握は非常に困難になっています。



異常発生時の連絡先も判別しないのが実情です。

できるだけ早く不正を食い止める体制が必要です。