クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠

現金が手元になくても買い物で商品を購入できたり、急な出費の時にキャッシングにも利用できる便利なクレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠というものがついています。
利用者の属性や条件によって、キャッシング枠は0円になっている事もあります。

クレジットカードのショッピング枠というのは、買い物の時に利用できる限度額の枠の事で仮に30万円となっていれば、30万円までは買い物で利用ができるという事になります。

もちろん1度に30万円でも良いですし、何度かの利用になっても問題はありません。

しかも毎月特定の日に指定口座から利用分が引き落としされるので、翌月にはまた限度額にゆとりができる事になります。



一方のキャッシング枠は、お金を借り入れるための限度枠になっています。クレジットカードには、利用した金額を返済するのには、利用した分だけ一括で支払う事もできますし、数回に分けて支払う分割払いや、特殊な方法で毎月固定金額を支払うリボ払いというものがあります。

基本的に一括払いと2回払いは手数料がかかりませんが、3回以上の支払いやリボ払いの場合には手数料がかかる事になっています。



ショッピング枠でリボ払いや分割場合を利用した場合には、総量規制とは関係がないので問題はありませんが、キャッシング枠を利用しての現金の借入は、総量規制の対象として、他の借入金と同様に計算される事になっているので、クレジットカードのキャッシング枠の利用に関しては注意が必要になります。